2011年04月22日

頭皮の乾燥が気になる方へ

こんにちは。

季節の変わり目ってお肌トラブル多いですよね。・涙

花粉症で鼻を良く噛むので、
鼻の周りはカサカサですし、
髪の毛の生え際にニキビがたくさんできたりと、トラブル続きです・涙

そして、極めつけが、頭皮まで乾燥しちゃって・涙

かゆいですし、
掻きすぎてフケが出てしまうことがあるので、
かなり大きなトラブル発生です・涙

髪の毛だったら、ヘアクリームとかつけたらマシになるけど、
頭皮にはどうやってうるおいを与えればいいの?


「頭皮ケアはシャンプーから。」

と言われるぐらい、シャンプー選びはとても重要なんですっっ!!!


【頭皮が乾燥してしまうのはなぜ?】

考えられる原因

・シャンプーのしすぎで、頭皮に必要な皮脂まで洗い流している。

・血行が悪くて、頭皮に必要な栄養が行きとどいていない。



【シャンプーのしすぎってどういうこと?】


何回も洗うっていうこともふくまれているのかもしれませんが、
最近では「皮脂は悪いもの」という意識が強く、
洗浄力の強いシャンプーもたくさん販売されています。
石油系の成分を含んだシャンプーは皮脂を過剰に除去しがちです。
適度な洗浄力のシャンプーを使うようにしましょう。



【朝シャンはよくない?】


麻時間がない時にシャンプーをすると雑になってしまいますし、
洗いたての髪の毛や頭皮は皮脂が不足しており、
紫外線のダメージをより一層受けやすくなってしまうのです。
そして、皮脂は紫外線で酸化してしまうので、
毛根の活動が抑制されてしまう原因にもなってしまいます。



【正しいシャンプーの仕方】

@手ぐしで髪の毛をタプタプすすぎ、指の腹で髪の毛と頭皮を洗います。
 これで、かみについていたホコリや頭皮の汚れをほとんど落とすことができます。

Aシャンプーを1〜2プッシュし、両手で軽く広げ、後頭部から側頭部で泡だてます。

   後ろの生え際
 
     ↓

  左右の耳の後ろ、襟足

     ↓

  左右の耳の上、こめかみ

     ↓

    つむじ

     ↓

   頭の前の部分

     ↓

    額の生え際

この順番で、下から上にかけて円をかくようにシャンプーしていきます。
指先で洗わないように気をつけましょう。


B一度すすいで、もう一回洗います。
 シャンプーの量は一回目の半分程度の量でAのように洗います。
 泡は、髪の毛と頭皮全体に広がるので、
 こすらなくても髪表面の汚れや皮脂はとれます。
 髪の毛を摩擦するようなもみ洗いはやめましょう。

Cシャンプーと同じで、下から上へとけの流れに逆らうようにすすいでいきます。
 上から流すだけでは頭皮にお湯は届かないので、
 @の時と同様にタプタプとすすぎます。

D次は頭皮を洗います。頭皮に洗浄成分が残らないようにしましょう。
 髪の毛は頭皮に対して45度の角度ではえているので、根元に塗る月がないか確認しましょう。
 

髪の毛を洗う時は、顔を洗うようにやさしくしましょう。




★ちょっとした出費にお役立ちのカードローンは大正銀行


★インプラントは駅近のわらび駅前歯科がオススメです。

★トイレのリフォームは安心価格のゆとりフォームへ。

★毎日元気でいられる健康サプリメントは黒ニンニクの口コミ人気サプリメントを徹底解剖で。

★家族でもめない相続は「相続問題ガイド」を参考に。



posted by さわわさ at 14:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。